ネコがいなくなり村上豊彦は心配で頭の中はネコの事ばかりです

おはようございます、お母さん。
ちょっと早いけれど、友達と待ち合わせしているから学校に行ってきます。
ネコちゃんの朝ごはんお願いします。
私、村上豊彦がネコの朝ごはんを遣らないのは初めてです。
今朝はどこに行ったのか、どれだけ呼んでも出てきません、時間がなくなり渋々出かける羽目になりました。
友達とバカ話しをしていてもうわの空で、頭の中は飼いネコの事でいっぱいでした。
やっぱり飼う事にした時に男の子だから、手術をしたら家の中に押し込めなくてもいいのではないですかと家族と相談して決めたのですが間違ったかな。
夜中に出かけて行って、交通事故あってしまったのじゃないだろうか。
朝、姿が見えなかったのは初めてだから心配で心配で溜まりません。
お母さんに電話してもネコのご飯は用意して、私は友だちとお買物そんなバカな。
私、村上豊彦がこんなに苦しんでいるのに誰もネコの事なんか考えてくれない。
学校が終わると、慌てて家に帰りました。
すると玄関を開けるとニャーと私を迎えてくれました。