村上豊彦と猫の写真について考えてみる

私、村上豊彦も猫が好きなので、写真を撮ることもあります。
家で猫が飼えないという方も、写真なら家で飾ったり眺めたりして楽しむことができます。
また、家で飼っている猫や街中で見かけた可愛い猫を同じ猫仲間と見せ合うこともできますよね。
それでは、どうやったら素敵な猫の写真を撮ることができるのか考えていきたと思います。
今はスマホでもきれいな写真を撮ることができるので、一眼レフのような本格的なカメラを使わなくても大丈夫です。
良い写真を撮るためには、光の加減や太陽の向き、角度、ピントなど技術面で気を付けることは多少あると思います。
しかし、大事なのは猫の嫌がることをしないということです。
自分の家で飼っている猫なら人間に慣れていますが、街中にいる猫の中には人間に対する警戒心が強い子もいるかもしれません。
もし猫が逃げたら無理に追うことはしない方が良いと思います。
また無理に捕まえたり、触れたりするべきではありません。
猫も人間も怪我をしてしまう可能性があるからです。
良い写真を撮りたいという気持ちも大事かもしれませんが、猫が嫌がることをしないというのが大事だと、村上豊彦は思います。