日本では新卒一括採用に何の疑問も持たずにいる人が多いようですが、実は世界的にも例が少なく、独自の手法といってもよいほどです。新卒一括採用について村上豊彦がどうおもっているのか、また実際に就職活動をしているOBはどのように感じているかなどを掘り下げていきます。本当にやりたいことや、就きたい仕事があるのなら、自分自身でスキルを身に着けた上でチャレンジするのも良いといえます。また新卒のうちに仕事だけではなく、様々なことに目を向けてゆっくり就活するのも悪くないと思います。

OBの話を聞いた時に感じたこと

あるシーズンになるとOBが大学へきて、就職についての情報を持ってきてくれます。先日も仲の良かった先輩が来てくれて話をきいたのですが、本や説明会で聞くよりもリアルな意見が多くとてもためになります。村上豊彦はまだ就職についてぼんやりとしたイメージしかもっていませんが、就活が容易ではないことは理解しています。特定の専門分野に進んだOBからは、仕事内容は楽しくても人間関係が難しく上司とのコミュニケーションに悩んでいる、または全く逆のケースもあるので大学生のうちに頑張っておかなければとアドバイスされました。このような苦労話も聞きますが社会に出て楽しいとおもうことや、新卒一括採用で入ったため人脈を広げることができたという話も聞きます。

新卒一括採用って本当に必要なの?

日々、村上豊彦がおもっている小さな疑問ですが、新卒一括採用というのは本当に必要なのでしょうか。自分が就職する場合に直面してから考えるようになったのですが、この手法は日本独自ともいえるとても珍しい方法なのだそうです。新卒一括採用というのは文字通り、新卒枠を使って一定の人数を採用する方法であり同期とモチベーションを高めたり、組織へ同化しやすくなったりするメリットがあります。しかし反対に、新卒一括採用の時期に応募できない方はその資格すら与えてもらえなかったり、自分に合わない企業に入ってしまった場合にはレールから外れてしまったりすることもあります。それを考えると海外のようにある程度、自由な就職スタイルが必要なのでは、とおもうのです。

本当の就職先を見つけるなら、卒業後でも良いかもしれない

これも日々おもっているのですが、一生続けたい、とおもえる就職先を見つけたいのなら、就活は知識や経験をしっかりと積んだ卒業後でもよいのかもしれません。村上豊彦としては自分の目でしっかりと企業と見極めたいし、やっぱり合わないからといって簡単にやめたくないのです。だからこそ、卒業後に自分の視野を広げ、本当にやりたいことや仕事を見つけてアタックするのも良いとおもいます。そこから自分のペースでゆっくりと動いていけば、頑張りすぎて身体や心を壊してしまうこともないとおもいます。みんな、必要以上に追い詰められすぎなのです。でも実際に働いている社会人の方からすると、村上豊彦の考えは甘いと感じるかもしれませんね。

まとめ

就職とひとくくりにいっても新卒枠の活用、自分でマイペースに探す、いっそ留学をして海外でチャンスを見つけるなど、さまざまな方法があります。どれが一番自分にあっているのかなんて誰にもわからないので、村上豊彦は自分の心情に従いつつも、アドバイスに来てくれるOBの意見も聞きいれながら見つけていきたいと思っています。新卒一括採用に関しても一長一短なので、しっかりと考えた上で応募をするのがベストだとおもいますし、合わないといってすぐに退職してしまってはもったいなさすぎます。