寒いと外出するのが億劫になる、これは村上豊彦だけではないと思います。特に。今年は急に寒くなったので、本当に驚きました。去年までは夏の終わりを感じ、秋が来たことをしっかりと堪能していたのですが、今年はどうもそうはいかないようです。ちなみに秋を感じるときってどのような時でしょうか。気候はもちろんですが、生活の中でちょっとした秋を感じることを紹介していきます。また寒さで外出が億劫であるときの、攻略方法も掲載しています。

秋の季節って感じられました?

今年は急に暑くなったり、寒くなったりしたので体調を崩していませんか?村上豊彦の住んでいる地域も急に寒さがきて、今年は秋の気配を感じることができませんでした。村上豊彦が秋を感じるのは、まず日の落ちる時間です。夏に比べると日暮がずいぶん早くなるのはもちろんですが、秋になると夕焼けがキレイですし何より日が落ちかかっているときの色味がとても美しいのです。言葉にするのが難しいですが、その時に感じる空気が大好きなのです。秋といえば食欲の秋、読書の秋とありますがこれに関しては一年を通して感じているので、秋ならでは、という感じはあまりないように思えます。みなさんは秋という季節を感じることはできましたか?秋を感じることができず、ちょっと物足りない村上豊彦でした。

すごく寒いので、大学に行くのが億劫でした

最近、朝起きてもすぐに布団から出ることができません。寒さがきたせいで猫のように丸くなっている村上豊彦です。受けなければいけない授業があるのに。そして大学が終わったてからも予定があるのに。そうおもいながらノロノロと布団から出てシャワーを浴びます。浴室に入ったときも寒さを感じるので、早くこの季節が過ぎてほしいとおもうばかりです。シャワーが終わったら支度をして外へ出るのですが、その瞬間鼻がツンとして改めて寒さを感じるんです。あまりにも寒いのでこのままUターンして、自宅へ帰ろうかとおもいましたが無事大学へたどり着きました。寒くなると大学へ行くことはおろか、外出するのも億劫になってしまいます。あなたもこんな経験ありませんか?

寒さ対策を行わないと大変ですね

寒いからといって何もしないと、生活のグレードが下がってしまい、有意義に活動することができません。さすがにそれはまずいですし、村上豊彦は冬眠する生物ではないのでしっかり寒さ対策をします。ストーブやヒーターも良いですが、つけたまま寝てしまうこともありますしできればエコでいたいので、自宅では着る毛布が活躍しています。柔らかで暖かな素材なので、一枚羽織れば問題ないですし袖が付いているのでそのまま食事をとることができます。あまり行儀はよくないですが、寒さには勝てません。また背中や首に小さなカイロを貼って外出すると、そんなに厚着でなくとも大丈夫です。最近は布団に入ると足が冷えるので、オシャレな湯たんぽが気になっています。

まとめ

あまり寒さは得意でない村上豊彦ですが、大学やアルバイトへ行かずにいつまでも自宅にこもっていられません。秋の美しい夕焼けや空の色味、涼しいとおもったりする体感はもちろん、今年はあまり秋の季節をあまり感じることなく寒くなってしまったので、この気候に身体が慣れるにはもう少しだけ時間がかかりそうです。それまでの間、簡単にできる寒さ対策や真冬に備えていきたいとおもっています。あまりお金をかけずに対策していますので、参考にしてみてください。