猫好きな人は、猫の良いところしか浮かんでこないでしょう。友人からどうしてそんなに猫が好きなのと聞かれると、沢山ありすぎて上手く説明できません。猫の事がよく分からない人でも、あのふわふわの毛を見ると可愛いと思ってしまいますよね。猫にとってはあの姿は武器ですね。どんな猫でも猫の姿、全てが完璧なのです。村上豊彦はそう感じます。更にもっと私が猫に魅了される様になった話もご紹介出来たらと思います。猫に興味のない人も好きなってもらえると嬉しいですね。

いつから猫好きになったのか?

猫が好きすぎて友人からも驚かれるくらいです。ある日、いつから好きになったのと聞かれて思わずフリーズしてしまった私ですが、今更いつからと聞かれると考え込んでしまいます。多分なのですが、子どもの頃に猫を飼っていた事がきっかけだと思います。子猫の頃は守ってあげなくてはいけない存在でしたが、月日が経つと立場が逆転します。家の中で一番偉いのが猫になっていました。村上豊彦は子供の頃から成長するまでずっと、猫と過ごしてきました。
なので、猫がいない生活は想像できません。家族です。子どもの頃から私は動物が好きでしたが、猫は特に好きでした。一緒に暮らすようになって、もっと深く知るようになると、更に何倍も好きになりました。いつ頃と聞かれるとはっきりはしていませんが、答えは子どもの頃からになるでしょうね。

猫のこんなところが好き!

ずっと猫と育ってきた私は、猫の好きな所が沢山あります。逆に嫌いな所が一つもありません。沢山ある好きな所をちょっとだけ紹介したいと思います。まず、猫がそれぞれ持っている模様ですね。模様は兄弟猫でも同じものは一つもありません。どれも個性があり人間で言うと洋服ですね。毛の量も可愛さをアップさせますが、最近では毛のない猫も人気があり、村上豊彦も結構好きですね。そして何より、猫の性格が大好きです。甘えてくれる時と構われたくない時の態度の違いにはグッときますね。気まぐれという言葉が本当に良く似合います。どんな所も大好きなのですが、やっぱり、寝ている姿は抜群に可愛いと思います。寝ている姿でさえ猫それぞれ特徴があるので面白いです。半目を開けていたり、お腹を見せていたり、夢を見ているのかヒゲをパラパラ動かしていたりと寝ている猫姿は最高ですね。猫は観察をすればする程、好きになる所が増えていきますよ。

忘れられない猫との思い出

子どもの頃からずっと、猫と過ごしてきた村上豊彦は猫との思い出は山ほどあります。家族同様に暮らしてきたので一緒に過ごしてきた時間こそ大切な思い出ですね。自分が落ち込んだ時も楽しかった時も、何気なく傍にいるのが猫かなと感じます。私が高校生の頃、親と喧嘩して口も利かない状態になったときでも、普通の顔をしてそっと部屋に入ってくる猫には結構癒されました。家の中で誰も味方がいなくて悲しい気持ちになっていると、傍に猫がきてどうしたの、大丈夫と言葉には出さなくても心に伝わってくるものがありました。表情に出すわけではないのですが、猫は不思議なもので何も言わない優しさを提供するのがとても上手な生き物です。きっと、猫を飼ったことのある人はその気持ちがわかると思います。猫との一番の思い出は、やはり過ごしてきた日々ですね。

まとめ

子どもの頃からずっと一緒に過ごしてきた猫は、村上豊彦の人生の一部です。むしろ猫と暮らしていない日々の方に違和感を感じます。離れてみて思い出すと沢山の思い出があった事に気付かされます。私が落ち込んだ時、何も言わずにそっと傍に居てくれた事も懐かしい思い出です。無表情に見えて実は表情豊かな猫は、人の心をつかむのが上手で、結構優しい所があります。いつから好きになったのと聞かれますが、家族としてずっと過ごしてきていたので思い出すのが難しいのですが、子どもの頃からずっと好きでしたが答えになりますね。