大学生になってアルバイトをしながら勉強するのは本当に大変と感じていましたが意外と慣れるとこなせるものですね。村上豊彦も色々なバイトをしましたが、大学生におすすめのバイトは、コンビニとか喫茶店なども良いと思います。人と話をするバイトを学生の時にしていると絶対に社会人になってから役に立ちます。友人がよくやっていた家庭教師も結構いいバイトだと思います。教えるということは難しいかもしれないけれど、自分にも身につくものだと感じます。自由な学生時代は社会で役に立つバイトをした方が良いですよ。

アルバイトは社会を知るきっかけ

村上豊彦の友人に一度もアルバイトをしないで社会に出た人がいます。せっかくの学生時間を何もしないできたので会社では結構、苦労してるようです。若い時は間違った事をしても注意をされて当然な所がありますが、少し年齢を過ぎてから非常識なことをすると少し問題視されてしまいます。アルバイトは社会勉強になるので、私はバイトをする事をすすめますね。確かに大学とかでも協調性は学べますが、バイトの職場とは全然違います。お金を稼ぐと言う事は学校では教えてくれません。会社にはそれぞれルールがあります、それに従って働くことやスタッフの話をよく聞くことに慣れている方が絶対に社会に出ても苦労しないで済みます。アルバイトから社員になれる場合もあるので、決して無駄ではないと私は思います。

こんなアルバイトをしてきた!

最近では社員登用があるので、アルバイトの経験を活かして就職に繋げている人も多くいます。私もそれはとても理想的だと思いますが、それでも他にいい会社はないかなと探してしまいます。村上豊彦も数多くのアルバイトをしてきました。どんなバイトをしてきたのか少し紹介したいと思います。コンビニやレストランでもバイトしたことがあります。接客業を中心にしてきました。たまに、短期で申し込めるバイトもしたことありますよ。これは当日にお給料がもらえるので結構嬉しいです。本当は猫カフェとか、サッカー関係のバイトも探していたのですが、あまりにも私が好きすぎるので仕事にならなそうだと思い、止めておきました。勿論、自分の趣味などに合わせてバイトをするのも有りだと思いますが、一番はいいバイト先を見つけることですね。

アルバイト経験者から見る、学生と社会人の違い

大学生の頃にアルバイトをしていると、すっかり働いているつもりでいましたが社会人になってアルバイトと社員が全然違う事に気づかされました。結局の所、バイトは社員さんの言うことを聞いて動かなくてはいけません。その反対で、社員はバイトさん達を上手く指示して仕事がはかどるようにしていきます。バイトよりも社員は、任される仕事に責任があり、やりがいもあります。バイトも、勿論責任がないわけではありませんが社員ほど任される仕事はありません。お給料も社員よりも少ないので、しっかり働きたいと考えているのであれば社員を目指した方が後々不安はないと思います。バイトで過ごしている時間もとても勉強になりますが、社員もまた違った緊張感の中で働くので自分の為にはなりますね。

まとめ

大学生の頃にやっていたバイトは社会人になってからとても役に立ちました。アルバイトの時間を無駄と思うか、それとも必要と思うかは人それぞれですが、大切なのは自分がアルバイトで何を得るかだと思います。お金を稼ぐという事は本当に大変な事です。そのことを社会に出る前に、アルバイトで経験しておくのはとても重要な事の様に思えます。やって無駄な事はありません、そこから道が開ける場合もありますからね。学生の時間を有効に使うと言う点ではアルバイトは良いと思います。